読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リゾネーター奮闘記

主に遊戯王について語ります

デッキ解説ー月光

皆さんこんばんはm(_ _)m



今回は、先日の店舗代表戦で使用した月光デッキの解説です。

長文になりますので時間のある時にお読みください。



●はじめに

今回月光を使おうと決めた理由ですが、店舗代表戦の1週間前までは事前に組んでいたWW真竜を使用する予定でした。しかしその前に参加した公認大会で、知り合い相手とはいえ攻撃力10000のワイトキングに殴り殺され敗北する事件が発生し、環境にワイトがいない事は分かっていましたが悩んだ末に断念。

ですが環境には十二獣が消えたとはいえ真竜が蔓延している為、勝ち上がるには真竜に対抗し得るデッキを考えなければなりません。そこで選んだのが月光です。獅子舞姫ならば単体でマスターPに負ける事はありませんし、何より天キが準制限に緩和された事で安定性を取り戻し、月光自体がブルホーンのサーチ対象である事で更に安定して展開が可能である点が大きいです。


●デッキレシピ

前回の記事にも載せていますが一応

f:id:egoneforall1:20170413122803j:plain

f:id:egoneforall1:20170413122837j:plain


・概要

先日の制限改訂で妨げやドランシア等に規制がかかり、また新ルールによってエクストラからの展開が抑止された為、前環境で「十二獣月光」として成り立っていた驚異的なパワーがかなり削ぎ落とされました(全盛期は妨げスタートからサンダーザキング、獅子舞姫、ダークリベリオン、ドランシアのような場を作れた)。

これにより構築を変えざるを得なくなった訳ですが、環境トップの真竜は「高打点維持のビートダウン」が基本戦術であり、実際に試合をすると分かりますが意外と動きが遅いです(それでも早めですが…)。その僅かな隙を突けるのは一撃で試合を終わらせるワンキル特化しかありませんでした。

店舗代表当時は恐竜も増え始めたばかりだったので仮想敵は真竜のみでしたが、結果的に大当たりとなりました。


・基本戦術

基本的に攻撃力3500を誇る獅子舞姫によるワンキルを狙います。


・展開パターン

雛召喚、効果で星4の月光を落として月光香(他の手段で星4を並べても可)で特殊。

星4×2でブルホーン、効果で虎か狼をサーチ。タイグリスを重ねてもう一度ブルホーンを重ね、効果で虎か狼の足りない方をサーチ。

ブルホーンにライカを重ねてタイグリスを蘇生。サーチしたスケールの2枚を貼り、虎の効果で雛を蘇生。雛の効果で豹舞姫を落とす。

効果モンスター3体でデコードトーカーをリンク召喚。スケールの狼効果で豹舞姫、雛、適当な月光を融合してデコードのリンク先に獅子舞姫


これで打点2800、3500×2回の2体が並ぶので相手の場にモンスターがなければワンキルです。展開の途中で月光香を使っていれば、蒼猫をサーチしてデコードのリンク先にペンデュラム召喚すると獅子舞姫の打点が7000に、デコードが3300に強化されるのでより確実に仕留められます。

また、スケールを貼る際に事前にデコードのリンク先にモンスターを出していればコズミックサイクロン等からスケールを守れます。結構重要なテクニックなので展開中は必ず意識しましょう。



●採用カード紹介(構築のポイントとなるカードのみ)

真竜を仮想敵とする上で最も懸念されるのはやはり「永続魔法、罠の墓地効果」です。これによる除去を掻い潜るにはバウンスか除外しかありません。除外はコズミックサイクロンがありますが、必ず引けるわけではないので過信は出来ません。そこで目をつけたのが「月光白兎」です。

f:id:egoneforall1:20170413123234j:plain

・月光白兎

召喚時に月光を蘇生し、更に魔法罠をバウンスする効果を持っています。これによって伏せカードを手札に戻し、ワンキルをより確実なものとする非常に重要なカードです。天キやブルホーンによるサーチで手札に来やすいので使用機会も多いです。

実際に店舗代表戦では真竜の永続魔法罠の他、「王宮の勅命」や「虚無空間」等の致命的なカードをバウンスして勝利に貢献しました。

先行時でも効果を使った黒羊を蘇生して「No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター」を召喚出来るので、引いて弱いタイミングが少ないのもポイントです。


・裁断魔人ジャッジ・バスター

f:id:egoneforall1:20170413191316j:plain

月光のランク2と言えば「神騎セイントレア」をイメージする方がほとんどだと思います。獣戦士族で戦闘耐性とバウンス効果持ちとランク2としては高いスペックがあり、打点も申し分ありません。そんなカードよりもジャッジバスターを優先した理由は、ズバリ新ルールの影響です。

セイントレアは確かに場持ちが良く強力ですが、召喚するにはエクストラゾーンに置かなければなりません。つまり、場に残り続ける限りここから展開してブルホーンや獅子舞姫を出す事が出来なくなってしまいます。高い打点と戦闘耐性によって「場を離れにくい」事が逆にデメリットとなり、自分の首を絞める結果になる事もあります。バウンス効果に相手への抑止力が少ないのもあまり良くないです。

(一応リンク召喚でデコードトーカーを出せば解消されますが、そうなるとセイントレアを無駄に消費しただけでなく自分から他のカードを消費しているので割に合いません)

その点ジャッジバスターは打点は1300と低いですが、先行で出せば相手モンスターの効果を無効に出来るので相手の展開の抑止に繋がります。防御がまるで無いこのデッキの貴重な妨害手段です。

また、これに除去を当てられても月光白兎1枚で召喚しているので1:1交換で済みますし、効果を発動出来れば1度は相手を妨害しているのでやはり損はありません。そして打点が低い事で相手は下級モンスターで殴るのみで終わることが多い為、ワンキルへの時間稼ぎとしては充分です。

「とりあえずジャッジバスターを処理して次のターンで…」という思考、行動を相手にさせた時点で勝ちが見えてきます。こういったカードで相手の隙を作る事も重要なポイントです。


解説は以上になります。

環境に一歩及ばない感は否めないですが、種族・属性に恵まれているので更に調整すれば今後環境で見ることがあるかもしれません。

一瞬の隙を突き、一撃必殺で相手を斬り捨てる月光デッキ!是非お試しくださいヽ(´▽`)/



本当はもっと書きたいのですが、ブロック代表戦の調整もありますし程々にしておきますm(_ _)m

質問等があれば遠慮なくコメントしてくださいませ。



では今回はここまで(・ω・)ノ

また次回m(_ _)m


ブログランキング参加しています。宜しければクリックお願い致します↓

https://blog.with2.net/link/?1852612